メニュー

うつ状態からの回復

気分変調症と「慢性抑うつ症候群(二次性気分症候群)」(2022.06.15更新)
「気分変調症」は、ICD-11では「神経症性抑うつおよび抑うつパーソナリティ」を包含する概念として「2年以上続く慢性の軽症抑うつ」と定義され、DSM-5では「それまでの気分変調性障害と(2年以上続く)… ▼続きを読む

受診相談で困った話(2022.05.30更新)
主治医と合わない、話を聞いてくれない、薬だけだされて終わり。。。   さまざまな理由で、こころの健康クリニック芝大門に転院して来られた患者さんたちは、構造化面接、心理テストの結果と診断結… ▼続きを読む

「発達障害(神経発達症)特性」のうつ状態の特徴(2022.05.23更新)
さまざまな主訴で精神科の医療機関やメンタルクリニックを受診すると、気持ちの変化であれば「うつ病・うつ状態」、仕事関連であれば「適応障害」と診断されることがほとんどのようです。   こころ… ▼続きを読む

適応障害と発達障害特性(2022.05.09更新)
3月から4月に、進学、就職、異動、転居など、生活状況の「変化」があった人は、ゴールデンウィークが終わったこの時期から、心身の不調を自覚することがあります。   ゴールデンウィークとい… ▼続きを読む

生きづらさと反応性抑うつ状態(適応障害)(2022.04.25更新)
精神疾患は、大きく3つに分けて考えられています。   まず、①「身体因性精神疾患」。 この中には脳腫瘍やてんかんに伴う「器質的精神病」、バセドウ病や橋本病、甲状腺機能低下症などの甲状腺… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME