メニュー

医師紹介

院長:生野 信弘

1988年長崎大学医学部卒業、1995年同大学院修了。医学博士。

長崎大学第二内科、佐世保市立総合病院で内科医長を務め、消化器疾患の他、糖尿病、甲状腺疾患、脳血管障害などの診療に従事。外科、産婦人科、皮膚科など他科の患者診療にも応じ、病理解剖も担当。

1998年にオーストラリア・モナッシュ大学の生化学&分子生物学科に2年間留学。帰国後、離島医療やホスピス緩和ケアに従事。

 

2001年より済世会河野病院、横浜舞岡病院など精神科病院に勤務。南青山心友クリニック、薬院河野クリニックなどで精神科・心療内科の臨床経験を積み、プロセスワーク、ドリームワークなど心理療法諸派を研鑽。

2008年より対人関係療法の第一人者である水島先生に師事し、対人関係療法による治療を中心に行い、2011年に対人関係療法専門の「三田こころの健康クリニック」を開院。

 

2015年にクリッテンデン先生からアタッチメント(愛着)の動的成熟モデル(DMM)を学び、2019年にベイトマン先生およびフォナギー先生からメンタライゼーションに基づく治療(MBT)の基礎トレーニングを受け、過食症と気分変調症を中心に対人関係療法による治療の強化と不安障害の治療に応用している。

 

2017年に「三田こころの健康クリニック新宿」で対人関係療法に加え、職場復帰支援プログラム(リワーク)を開始。

2019年6月に「三田こころの健康クリニック新宿」は港区に移転し、『こころの健康クリニック芝大門』としてリニューアル。

過食症と気分変調症の治療を専門とする「対人関係療法外来」、適応障害やストレス関連疾患、トラウマ関連疾患に対して対人関係療法のエッセンスを用いた精神療法と漢方薬中心の治療を行う「メンタルヘルス外来」のほか、対人関係療法を応用した「夫婦/パートナー面接」も行っている。

 

また、精神科産業医の視点を活かし、うつ病・うつ状態、適応障害だけでなく、職場の人間関係のストレスに対して、「対人関係ー社会リズム療法」と「メンタライゼーション」による職場復帰支援プログラム(リワーク)で、ストレス対処法指導や職場環境の調整を行い、働く人の職場復帰のサポート続けている。

 

月曜日には産業医として企業に出向き、高ストレス者面接や復職判定、メンタルヘルス相談などを行っている。

所属学会・資格

主な資格:日本精神神経学会・精神科専門医・指導医、日本医師会・認定産業医、日本うつ病リワーク協会・リワーク認定スタッフ、日本うつ病学会・双極性障害委員会フェロー、ほか。

主な所属学会:日本摂食障害学会、日本うつ病学会、日本精神神経学会、日本うつ病リワーク協会、ACT japan、日本マインドフルネス学会、ほか。

 

副院長:風間 真理子

北里大学医学部卒業。

初期臨床研修修了後、小児科医として首都圏の病院数カ所で働いた後、国立国際医療研究センター国府台病院心療内科に勤務。

心療内科医として摂食障害患者の治療のほか、さまざまな心身医療の研鑽を積む。

2020年4月より「こころの健康クリニック芝大門」の副院長に就任。「摂食障害の一般外来」や、気分障害、不安障害やトラウマの「メンタルヘルス外来」での治療に当たるほか、心療内科産業医としても活躍中。

所属学会・主な資格

日本小児科学会専門医、日本心身医学会評議員、日本医師会認定産業医、日本摂食障害学会会員。

解離性障害の新しい治療法であるUSPT(タッピングによる潜在意識下人格の統合法)ベーシック・レベル修了認定。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME