メニュー

医師紹介

院長:生野 信弘dr_ikuno-300x232

1988年長崎大学医学部卒業、1995年同大学院修了。医学博士。

長崎大学第二内科、佐世保市立総合病院で内科医長を務め、オーストラリア・モナッシュ大学の生化学&分子生物学科に2年間留学。帰国後、離島医療やホスピス緩和ケアに従事。

2001年より済世会河野病院、横浜舞岡病院など精神科病院に勤務。南青山心友クリニック、薬院河野クリニックなどで精神科・心療内科の臨床経験を積み、プロセスワーク、ドリームワークなど心理療法諸派を研鑽。
2008年より対人関係療法の第一人者である水島先生に師事し、対人関係療法による治療を中心に行っている。

2015年にクリッテンデン先生からアタッチメント(愛着)の動的成熟モデル(DMM)を学び、2019年にベイトマンおよびフォナギー先生からメンタライゼーションに基づく治療(MBT)の基礎トレーニングを受け、過食症と気分変調症を中心に対人関係療法による治療の強化と不安障害の治療に応用している。

2011年に対人関係療法専門の三田こころの健康クリニックを開院。

2017年に三田こころの健康クリニック新宿として新宿御苑前に移転し、対人関係療法に加えリワーク(復職支援)プログラムを開始。

2019年6月に三田こころの健康クリニック新宿は港区芝大門に移転し、こころの健康クリニック芝大門としてリニューアル。
過食症と気分変調症の対人関係療法外来とともに、産業医の視点を活かした働く人のメンタルヘルス外来、対人関係ー社会リズム療法を応用したリワークプログラムを併設し、職場復帰のサポートを行っている。
産業医として企業に出向く他、高ストレス者面接を行っている。

 

所属学会・資格

主な資格:日本精神神経学会・精神科専門医、日本医師会・認定産業医、ほか。

主な所属学会:日本摂食障害学会、日本うつ病学会(双極性障害委員会フェロー)、日本精神神経学会、日本うつ病リワーク協会、ACT japan、日本マインドフルネス学会ほか。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME