メニュー

院長ブログ

過食症と過食性障害の3つのプロトタイプ(2019.03.25更新)
トンプソン-ブレナーは、摂食障害には診断を横断する「高機能・完全主義型」「感情調節不全型」「回避・抑うつ型(感情抑制型)」の3つの性格プロトタイプがあるとしています。   「高機能・完全… ▼続きを読む

むちゃ食い・過食嘔吐が習慣化するメカニズム(2019.03.18更新)
「摂食障害症状はストレスの表れ」という考え方については、2つの意味で注意が必要です。 1つは、ストレスがあったから、ストレスを感じたから、過食(むちゃ食い)や過食嘔吐で対処するしかない、と摂食障害症… ▼続きを読む

過食と嘔吐の衝動性(2019.03.11更新)
「神経性過食症」や「過食性障害(むちゃ食い症)」の「衝動性」は、「性急自動衝動性(状況判断なしにすぐに行動してしまう)」と、「報酬感受性(早く報酬を得られるならば少なくてもかまわない)」の2つで理解さ… ▼続きを読む

過食症(むちゃ食い・過食嘔吐)の強迫性(2019.03.04更新)
近頃は「オルトレキシア」と呼ばれる状態が増えているといわれています。 『身体に「良い/悪い」食べ物』という考えによる極端な健康へのこだわりによって、逆に健康を損なう人たちのことを「オルトレキシア(o… ▼続きを読む

クセになった過食と対人恐怖的回避型アタッチメント(2019.02.25更新)
このところ『愛着障害としてのアディクション』からの引用が増えていますので、改めて「アディクション(嗜癖)」と「依存」の違いを整理しておきましょう。   『摂食障害の謎を解き明かす素敵な物… ▼続きを読む

過食症からの回復と愛着関係(2019.02.18更新)
「摂食障害治療の基本問題の決着に向けて—精神科診療所で完結する摂食障害治療—」(精神科治療学 33(11): 1285-1291, 2018)という論文で、日本で1980年以降に摂食障害が急増したのは… ▼続きを読む

過食症の回復には発達段階に応じた愛着関係が必要(2019.02.12更新)
イギリスの国立医療技術評価機構が発行している2017年版NICEガイドラインでは、児童期〜青年期の子どもの親は「回復を達成するための最大の治療資源」であると見なされ、「神経性やせ症(拒食症)」「神経性… ▼続きを読む

過食症(過食嘔吐・むちゃ食い)からの回復と愛着関係(2019.02.04更新)
摂食障害、なかでも過食嘔吐を主症状とする「神経性過食症」と、不適切な代償行為(嘔吐や下剤使用)を伴わない「過食性障害(むちゃ食い症)」からの「回復」については、残念ながら統一された定義がないのが現状で… ▼続きを読む

思考障害としての過食症症状(2019.01.28更新)
摂食障害、とくに過食症症状(むちゃ食いや過食嘔吐)は「感情障害」とも言われます。(厳密には「感情を感じられない障害」「感情への対処法の障害」です) Akoさんが「摂食障害が教えてくれること」の「吐か… ▼続きを読む

過食症と家庭環境と対人関係(2019.01.21更新)
『素敵な物語』の推薦の言葉に、西園先生が「摂食障害のとても残念な側面は、精神的にいろいろ「狭くする」病気だということです。…(中略)…本書を読みながら、ご自分に月明かりのような柔らかく優しい光を当てて… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME