メニュー

院長ブログ

食行動障害・摂食障害と「関係性の病」(2018.08.20更新)
「乱れた食行動で悩む女性たち」は「食行動」一本でいろんなものを解決しようとして悪循環になってしまっています。 『摂食障害と幼少期の養育者との関係』で女性に摂食障害の患者さんが多いのは、情緒的問題とし… ▼続きを読む

人への依存と乱れた食行動への依存(2018.08.06更新)
「先生は摂食障害よりも〔乱れた食行動〕という言い方をよくされますけど、それは『素敵な物語』の影響なのですか?」とある患者さんから聞かれました。 一般に「摂食障害」とは「神経性やせ症(拒食症)」、「神… ▼続きを読む

摂食障害の背景にある自分と他者へのネグレクト(2018.07.30更新)
「乱れた食行動(食行動障害および摂食障害)」と「不安定な愛着」そして「メンタライジング機能不全」は、〔情緒的苦痛を一人で調整しようとする努力〕という点で密接な関連がありそうです。 拒食、むちゃ食い(… ▼続きを読む

メンタライジングとアタッチメント関係が摂食障害からの回復の土台になる(2018.07.23更新)
6月まで『人を信じられない病 信頼障害としてのアディクション』から引用しながら、「嗜癖(アディクション)」と「摂食障害症状」の類似点について解説してきました。 嗜癖(アディクション)は「自己治癒的行… ▼続きを読む

摂食障害から回復するために自分自身との対人関係に取り組む(2018.07.17更新)
「乱れた食行動(摂食障害症状)」から回復するためには、乱れた食行動(摂食障害症状)が肩代わりしてくれていた「感情を受け入れ、調整し、なだめ、変容する能力」を自分がもらい受け、それを高めていくことが必要… ▼続きを読む

摂食障害からの回復に必要な体験の仕方の選択(2018.07.09更新)
「行動の仕方を改善する(心の状態の変化についての気づき)」に取り組む前に、「考え・感情・情動のコントロールに対する気づき(自分との関係を改善する)」が必要になります。 三田こころの健康クリニック新宿… ▼続きを読む

摂食障害から回復するために回避されてきた気持ちに向き合う(2018.07.02更新)
以前は、ストレス(出来事や状況などのストレッサー)やネガティブな感情(ストレス反応としての苦痛を伴う感情)が摂食障害症状(とくに過食や過食嘔吐)の直接の引き金になると考えられていました。 最近では、… ▼続きを読む

摂食障害からの回復に愛着(アタッチメント)関係を活用する(2018.06.25更新)
あまり知られていないことですが、対人関係療法は、「愛着理論」と「対人コミュニケーション理論」を基盤としています。 さらに対人関係療法では、「いま・ここ」での愛着(アタッチメント)関係に焦点を合わせる… ▼続きを読む

摂食障害と幼少期の養育者との関係(2018.06.18更新)
「摂食障害が女性に多いのは、どうしてなのですか?」とある患者さんから質問を受けました。 一般向けの本などには、第二次性徴が始まる思春期前後に、丸みを帯びた女性らしい身体になるのを嫌悪してダイエットを… ▼続きを読む

摂食障害の治療で取り組む「心の状態の変化についての気づき」(2018.06.11更新)
三田こころの健康クリニック新宿の専門外来で行っている摂食障害(過食嘔吐やむちゃ食い、あるいは大食を伴う排出性障害)に対する対人関係療法による治療では、まず、【自分との関係を改善する(心の状態の変化につ… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME