メニュー

院長ブログ

過食症の回復には発達段階に応じた愛着関係が必要(2019.02.12更新)
イギリスの国立医療技術評価機構が発行している2017年版NICEガイドラインでは、児童期〜青年期の子どもの親は「回復を達成するための最大の治療資源」であると見なされ、「神経性やせ症(拒食症)」「神経性… ▼続きを読む

過食症(過食嘔吐・むちゃ食い)からの回復と愛着関係(2019.02.04更新)
摂食障害、なかでも過食嘔吐を主症状とする「神経性過食症」と、不適切な代償行為(嘔吐や下剤使用)を伴わない「過食性障害(むちゃ食い症)」からの「回復」については、残念ながら統一された定義がないのが現状で… ▼続きを読む

思考障害としての過食症症状(2019.01.28更新)
摂食障害、とくに過食症症状(むちゃ食いや過食嘔吐)は「感情障害」とも言われます。(厳密には「感情を感じられない障害」「感情への対処法の障害」です) Akoさんが「摂食障害が教えてくれること」の「吐か… ▼続きを読む

過食症と家庭環境と対人関係(2019.01.21更新)
『素敵な物語』の推薦の言葉に、西園先生が「摂食障害のとても残念な側面は、精神的にいろいろ「狭くする」病気だということです。…(中略)…本書を読みながら、ご自分に月明かりのような柔らかく優しい光を当てて… ▼続きを読む

気分解消行動としての過食症(2019.01.15更新)
『素敵な物語』に「ひょうたん型の容器(身体)の空腹感」と、「ハート型のバスケット(心)の空虚感」を区別する話が出てきましたよね。(『摂食障害の心と魂の飢えを癒す』参照) 「心(ハート型のバスケット)… ▼続きを読む

低栄養状態と摂食障害の思考障害(2019.01.07更新)
年末年始で体重が増えてしまったから、ダイエットしよう!と考えている人も多いのではないでしょうか。 2012年の「思春期青年期の健康誌(Journal of Adolescent Health)」に、… ▼続きを読む

関係障害としての過食(2018.12.25更新)
以前には、乱れた食行動(過食や過食嘔吐)は、一般的にはストレスとなった出来事(いわゆるストレッサー)やネガティブな感情により引き起こされると考えられていました。   ネガティブな感情を引… ▼続きを読む

家族関係とひとり暮らしと乱れた食行動(2018.12.17更新)
ひとり暮らしの人にとっては、年末年始の帰省が楽しみだったり、あるいは家族との関係が負担に感じられたり、さまざまな思いが去来することになりますよね。 とくに乱れた食行動(摂食障害症状)を抱える人にとっ… ▼続きを読む

嘔吐をやめると体重はどうなるのか?(2018.12.10更新)
「過食衝動」は、神経性過食症(食べ吐き)や過食性障害(むちゃ食い)の中核症状です。 治療の中で、(1) 感情や身体感覚を感じられるようになること、(2) 感じた感情や身体感覚を抱えておけるようになる… ▼続きを読む

過食症状の意味に向き合う(2018.12.03更新)
年末が近づいてくると、神経性過食症(食べ吐き)や過食性障害(むちゃ食い)の食行動症状を抱える人にとっては、すごく気の重い時期を迎えることになりますよね。 学生さんは試験や年明けに迫った受験のことで焦… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME