メニュー

ストレス関連障害

いわゆる愛着障害と複雑性PTSD

「ストレス関連障害」には、「反応性アタッチメント障害」「脱抑制型対人交流障害」、「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」「急性ストレス障害」、「適応障害」などが含まれます。
(「適応障害」についてはこちらをご覧ください)

 

従来は「反応性愛着障害(抑制型/脱抑制型)」とされていた「反応性アタッチメント障害」「脱抑制型対人交流障害」は、戦争孤児や虐待、ネグレクトなど乳幼児期の「病的な/不十分な養育」によってアッタチメントの形成が阻害され、特定のアタッチメント対象を持たないトラウマ関連障害と理解されています。
しかし近年では、関係性の中での期待外れと傷つきに対して、広い意味で「愛着障害(愛着の問題)」と呼ばれることが増えています。

 

長期にわたって反復される虐待やネグレクト、養育者や他の大人からの性被害など、幼少期の逆境体験により発達課題を達成できなかった状態は、「発達性トラウマ障害」「愛着トラウマ」などと呼ばれていましたが、国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)に「複雑性PTSD」として新たに盛り込まれました。

複雑性PTSD」は、再体験(フラッシュバック)、過覚醒、回避麻痺症状のPTSDの3つのPTSD症状に加え、トラウマ体験への恐怖と直接関係のない、自己組織化の困難と呼ばれる感情制御の困難、否定的な自己概念、対人関係の困難、の3つの症状群が含まれ、幼少期の逆境体験から起こる症状の集合体と考えられています。

 

トラウマ関連障害

「複雑性PTSD」や「いわゆる愛着障害」ではないか?、あるいは「アダルトチルドレン」かもしれない、と治療を希望として受診する人の多くは、再体験症状、回避麻痺症状、過覚醒という典型的なPTSD症状が主訴になることはほとんどありません。

受診されるケースの多くは、身体化症状、あるいは、情動調整の問題(特に怒り)、自己非難や自己否定感、孤立無縁感、対人関係構築の困難さなどに悩み多くが、中には「気分変調症」ではないか?と自己判断されている方もいらっしゃいます。

 

トラウマと自閉スペクトラム症との関係

小児期にトラウマに曝露された場合、注意欠陥多動性障害(ADHD)に似た衝動性や、感情調整の問題など自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群や発達障害)に似た症状を呈しやすくなることも良く知られています。

また、自閉スペクトラム症の人は、生物学的要因から幼少期から養育者や他者との愛着関係形成に困難を抱えやすく、対人関係の構築困難や対人関係上の傷つき体験によって、症状が遷延化したり複雑化することが少なくないことも知られています。
さらに経過の中で、変化への適応不全によって社会的に孤立したり、新たな傷つき体験を積み重ねてしまう頻度も高くなります。

 

ストレス関連障害とくに対人トラウマに対する治療

トラウマやストレス因に曝露された場合、反応性に引き起こされる症状は他者との健康な愛着関係が存在する場合に予後良好になることが知られています。
そのため、ストレス関連障害やトラウマ関連障害の治療では、(1) 発達特性、(2) トラウマの強度と持続、(3) アタッチメント関係、の3つの方向から理解し、治療していくことが求められます。

 

発達特性に関しては、自閉スペクトラム症の要素の程度、学童期・思春期・前成人期の発達課題の達成度合いをアセスメントします。またトラウマの強度と持続に関しては、症状との関連や増悪因子を治療者と一緒に検討していきます。

 

「対人関係療法」による治療では、治療同盟というアタッチメント関係の中で、「関係性(協調性)」という安心基地は「自己志向」を支え、健全な「関係性(協調性)」を維持するには「自己志向」を高めることの重要性を体感的に理解し、「安全基地(安心基地)」を内在化していくプロセスを通して、「獲得安定型の愛着スタイル」を築いていくことが治療テーマになります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME