メニュー

ブログ

道のりは険しい?(2020.10.30更新)
生野院長のブログ「聴診記」の「摂食障害(エド)とのお別れの先にある人生」という記事の中で、 摂食障害からの回復に向かう心の準備がまだ十分にできていない《熟考期》には、「本当に回復できるのだろうか… ▼続きを読む

「社会的うつ」と産業医の復職判定(2020.10.28更新)
『「社会的うつ」と主治医の治療方針』で、診断基準に該当しないうつ病休職者である「社会的うつ」は、患者さんと主治医(精神科医・心療内科医)との相互関係性によって現前してくる問題かもしれないことに触れまし… ▼続きを読む

摂食障害(エド)とのお別れの先にある人生(2020.10.26更新)
摂食障害症状、とくに過食やむちゃ食い、あるいは、過食嘔吐を主訴に一般のメンタルクリニック(精神科や心療内科)を受診すると、ほとんどの場合、うつ病あるいはうつ状態という診断が下されます。 そして、間違… ▼続きを読む

無力感の先に(2020.10.23更新)
自分の中で「あぁこれが私なんだ」と実感できたとき、それまで胸のあたりにひっかかっていた何かがすとんと落ちたような感覚を覚えました。そしてそれと同時に、急速に私の中の摂食障害が遠ざかっていくのを感じ… ▼続きを読む

「社会的うつ」と主治医の治療方針(2020.10.21更新)
『「社会的うつ」は医原性なのか』で、うつ病休職者の86%が診断基準に該当せず、10ケースのうち9ケースは、「うつ病と診断しない」率が平均83.3%と高い割合合であったことを書きました。  … ▼続きを読む

摂食障害から回復する夢をあきらめないこと(2020.10.19更新)
学校が始まるとき、新しい仕事を始めたとき、妊娠や出産、親になるなど、変化の時期に摂食障害の再燃や再発が起きやすいことが知られています。 数ヵ月あるいは数年もの間、止まっていた摂食障害行動が戻ってくる… ▼続きを読む

左手のピアニスト(2020.10.16更新)
ある日、偶然目にしたテレビ番組で語られる、その言葉に思わず引き込まれてしまいました。   皆さんは、「左手のピアニスト」として活躍されている智内威雄さんという方をご存知でしょうか。正… ▼続きを読む

「社会的うつ」は医原性なのか(2020.10.14更新)
こころの健康クリニック芝大門では、さまざまな疾患で仕事を休職されている方が職場復帰を希望される場合に、リワークプログラムによるトレーニングを行っています。   リワーク中、そして復職まで… ▼続きを読む

摂食障害からの回復;自己肯定感とセルフ・コンパッション(2020.10.12更新)
カナダのブリティッシュコロンビア州保健局のケルティ・メンタルヘルス・センターでは、摂食障害の再発を防ぐための家族を含むサポートシステムを開発したそうです。   家族を含むサポートシステム… ▼続きを読む

なぜ書くか(2020.10.09更新)
気がつけば、私がここにブログを投稿するようになって半年が経とうとしています。 その間、私は何度も自問自答していました。 自分の経験を語ることにどんな意味があるのか。何のためにブログを書くのか。… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME