メニュー

ブログ

排出性障害と回避・制限性食物摂取障害(2015.03.16更新)
DSMでは、体重や体型をコントロールするために習慣的に排出行動を行うが、過食はみられないものとして「排出性障害(purging disorder)」が概念化され、DSM-5では「他の特定される食行動障… ▼続きを読む

過食症は適切な治療をすれば良くなる病気です(2015.03.09更新)
「摂食障害は治らない」と医療機関で言われ、対人関係療法による治療を求めて三田こころの健康クリニックを受診される方が多いのです。 『摂食障害の経過と予後』で触れたように、たしかに一般の精神科外来での摂… ▼続きを読む

摂食障害に薬物療法は有効なのか(2015.03.02更新)
おそらくこのブログをお読みになっている多くの方は精神科や心療内科の外来に通院され、薬を服用されていることと思います。(『摂食障害の経過と予後』参照) 薬物療法の効果を否定するつもりはありませんが、不必… ▼続きを読む

摂食障害の精緻な診断は治療効果に結びつく(2015.02.23更新)
摂食障害でいう「過食/むちゃ食い」は、「binge eating(bingeはどんちゃん騒ぎの意)」で、短時間(2時間以内)に普通の人が食べる以上の大量の食物を食べつくす状態であり、さらに早食いである… ▼続きを読む

摂食障害と衝動性と病状の推移(2015.02.16更新)
摂食障害では、むしろ強迫的な色彩の強い「過食を伴わない拒食症/神経性やせ症」から、「過食を伴う拒食症/神経性過食症」に、さらには「嘔吐を伴う過食症/神経性過食症」や、排出行動の見られない「過食性障害」… ▼続きを読む

摂食障害と強迫性障害の関係(2015.02.09更新)
摂食障害のうち、「むちゃ食い障害/過食性障害」を除けば、摂食障害の食行動異常の背景には、体重や体型、あるいは食事に対するコントロールへのとらわれとしての「肥満恐怖」(恐怖症的回避行動)、体重や体型に対… ▼続きを読む

過食や過食嘔吐はクセ(習慣)になるのか?(2015.02.02更新)
過食や過食嘔吐がクセ(習慣)になるとは、どういうことでしょうか。   摂食障害では中核の精神病理である「やせ願望(自己評価が体重や体型の影響を強く受けている状態)」や「肥満恐怖(体重や体… ▼続きを読む

拒食を伴う摂食障害と発達障害の関係(2015.01.26更新)
食事量を制限したりや過食がコントロールできないなど、食行動の異常があれば、摂食障害と診断されることが多いのですが、タイプや患者背景によって対応や治療方針が異なってきますよね。   たとえ… ▼続きを読む

摂食障害の経過と予後(2015.01.19更新)
フェアバーンらは、過食症に対する対人関係療法での治療直後の寛解率が30~40%、治療終結6年後の寛解率が70%と報告しています。   ある論文で、摂食障害を比較的診ていらっしゃる一般精神… ▼続きを読む

摂食障害は入院すれば治る?(2015.01.12更新)
三田こころの健康クリニックで患者さんから聞いた話では、ある大学病院で「そのうちに治る」と言われたり、某クリニックでは「ただのクセじゃないの?」と言われたり、ひどいところでは「摂食障害は治りません!」と… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME