メニュー

院長ブログ

アレキシサイミア〜右脳機能不全(2014.04.07更新)
「アレキシサイミアと情動対処行動~多衝動型過食症」で「アレキシサイミア」について触れました。 しかしながら、この「アレキシサイミア」傾向は、最近、急増している印象があります。   「ア… ▼続きを読む

その人に合った精神療法のあり方(2014.03.31更新)
ほとんど考慮されていないことですが、精神療法は「患者の現実に合わせて」行うもので、同じ診断であっても患者さんの特性によって最も適した治療法は異なるはずですよね。 風邪のタイプによって「黄色の△△」み… ▼続きを読む

精神療法の問題点(2014.03.24更新)
(6)私の患者さんは「カウンセリング」という言葉をよく使う。つまり、一般の精神科医がどうしても薬物療法に偏ってしまうので、「ゆっくり話せる=カウンセリング」という印象なのだろう。薬物や電気刺激による以… ▼続きを読む

カウンセリングと精神療法の違い(2014.03.17更新)
水島広子先生が、『病気に対する「治療」、ストレスに対する「カウンセリング」、と明確にできないものか。』というツイートをされていました。 (5)もう一つ、適切でないと思う呼称について。私は対人関係… ▼続きを読む

愛着の形成プロセスとその障害(2014.03.10更新)
乳児期には母に包まれた世界の中で過ごし、乳児の生まれ持った「気質」の上に母親から心象がコピーされ「性格・性質」が形成されてきます。(『愛着スタイルと社会適応』参照)   幼児は1歳半〜2… ▼続きを読む

治療準備性とモチベーション(2014.03.03更新)
三田こころの健康クリニックでは対人関係療法による治療を希望される方に、初診の前に「診療申し込み票(問診票)」を記入していただいています。 問診票には2種類あって、一つは病気の経過やこれまでの生活歴、… ▼続きを読む

アレキシサイミアと情動対処行動〜多衝動型過食症(2014.02.24更新)
感情の言語化障害と位置づけられるアレキシサイミアは、摂食障害や発達障害などの精神疾患だけでなく、一般人にもみられる「性質」と考えられています。 (性質については『摂食障害の愛着(アタッチメント)スタイ… ▼続きを読む

衝動性と強迫性〜摂食障害との関係(2014.02.17更新)
『過食症と衝動性』で過食症での衝動性は、前頭前野-辺縁系回路の不活性化が関与していることを紹介しました。 前頭葉では、前頭前野眼窩部がとくに衝動性と関連が深く、前頭前野眼窩部に隣接する島皮質前部は、… ▼続きを読む

情動コントロールと摂食障害(2014.02.10更新)
最近「愛情飢餓児では、人なつこさと扁桃体の活動が無差別で混乱していた」という論文が出ていました。   生後24ヶ月以降に養子となった施設入所児は、初対面の人など見知らぬ人に対して無差別に… ▼続きを読む

対人関係療法では気分不耐性をどう治療していくか(2014.02.03更新)
そもそも。 『女性の気分変調性障害と愛着との関連性』でふれた「気分不耐性」とは、出来事によって引き起こされた気分や感情(多くの場合はイヤな気分)に対し、その気分を敏感に、あるいは強く感じてしまい耐えら… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME