メニュー

院長ブログ・聴心記

摂食障害の経過と予後(2015.01.19更新)
フェアバーンらは、過食症に対する対人関係療法での治療直後の寛解率が30~40%、治療終結6年後の寛解率が70%と報告しています。   ある論文で、摂食障害を比較的診ていらっしゃる一般精神… ▼続きを読む

摂食障害は入院すれば治る?(2015.01.12更新)
三田こころの健康クリニックで患者さんから聞いた話では、ある大学病院で「そのうちに治る」と言われたり、某クリニックでは「ただのクセじゃないの?」と言われたり、ひどいところでは「摂食障害は治りません!」と… ▼続きを読む

摂食障害の個人的要因(2015.01.05更新)
摂食障害の治療では、標準的な治療方針を定型化することが難しく、個別性が重視されることが知られています。 ある学会の抄録で摂食障害をまとめてみると、摂食障害患者の「個人要因」として ・低い自己肯… ▼続きを読む

最近の摂食障害(2014.12.22更新)
最近では、摂食障害の対人関係療法による治療を希望され、三田こころの健康クリニックを受診される人たちの傾向が、ずいぶん変わってきたという印象を持っています。 ダイエットをきっかけにBMI: 18を割り… ▼続きを読む

対人関係療法でみていく「元々、どんな人だったのか?」(2014.12.15更新)
「生活史をくわしくとるな。それはわかってもどうせ変わらないのだから。」 という言葉を発する精神科医の存在に、吉松先生は嘆き失望されたことが論文に書かれていました。   水島先生… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME