メニュー

院長ブログ・聴心記

摂食障害と感情の自己コントロール(2015.07.21更新)
対人関係療法による摂食障害の治療では、 ○自分の気持ちをよく振り返り、言葉にしてみる という「自分の感情と向き合うこと」からスタートしますよね。 感情とは、いわば「自己の内なる他者」であ… ▼続きを読む

過食の意味と「傷つき体験(プチ・トラウマ)」からの回復(2015.07.13更新)
自己主張が出来ないため、常に自分が我慢を抱え込むという形になる。 他者から搾取されていると感じても断れず、常に我慢をして外向きの顔で暮らしているため、本人の負担感は大きい。 そこにたまった負の… ▼続きを読む

「過食症」の不安に向き合う(2015.07.06更新)
「拒食症」に限らず「過食症」でも、「それまでのやり方が通用しなくなった状況」や、「足下がすくわれる」体験で発症することが多いのです。   それまでのやり方が通用しないために「藁にもすがる… ▼続きを読む

「過食症」の「傷つき体験(プチ・トラウマ)」を対人関係療法でなおす(2015.06.29更新)
過食症の対人関係療法で取り組んでいく課題は ○自分の気持ちをよく振り返り、言葉にしてみる ○自分のまわりの状況に変化を起こすよう試みる というシンプルなものです。 つまり 過食を… ▼続きを読む

「傷つき体験(プチ・トラウマ)」としての「過食症」(2015.06.22更新)
磯野真穂・著『なぜふつうに食べられないのか』に 彼女たちがうまく食べられなくなったきっかけは、いじめ、身体への揶揄・友人・家族関係のいざこざなど、人々とのつながりの間に生じた亀裂であった。 その亀裂… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME