メニュー

院長ブログ・聴心記

「できない」と「しない」:行動主体の取り戻し方(2020.07.20更新)
『摂食障害から回復するための8つの秘訣』に、「実際に行動できない、あるいは、回復に向けて進んでいけない理由、障害となっているものは何でしょうか」「どうしたら、その障害を克服できるでしょうか」という、「… ▼続きを読む

うつ状態や双極性障害と発達障害特性との違い(2020.07.15更新)
こころの健康クリニックのメンタルヘルス外来や、職場復帰支援プログラム(リワーク)に紹介された方たちの中に、前医で「うつ病」や「抑うつ状態」、あるいは「適応障害」、場合によっては「双極性障害」と診断され… ▼続きを読む

摂食障害からの回復の土台になる規則的な食事の確立(2020.07.13更新)
こころの健康クリニックで行っている摂食障害の一般外来、対人関係料外来ともに、《BMI: 16.5以上で、3食の食事摂取ができているなど、脳の栄養状態が改善し、[神経認知機能(記憶・注意・遂⾏機能など)… ▼続きを読む

人間関係のトラウマから復職するまで(2020.07.08更新)
『アレキシサイミアと回避を支える理由づけの文脈』で、「神経認知機能障害(記憶・注意・遂⾏機能など脳の⾼次機能の障害)」と「社会認知機能障害(他者の意図や性質を理解するなど対⼈関係の基礎となる精神活動の… ▼続きを読む

摂食障害と過敏型自己愛傾向からの回復(2020.07.06更新)
『メンタライゼーションと自己受容で過食嘔吐と向き合う』で、エド(摂食障害思考)に仮託された「自分自身に対する絶え間ない批判」は、その根底に「空虚な自己(自分の弱さ)」と、それを守るための「誇大的な自己… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME