メニュー

適応障害

適応障害とは

「適応障害」は、はっきりと確認できるストレス因に反応して、3ヵ月以内にストレス反応を超える重大な苦痛、あるいは社会機能の低下、あるいはその両方があることと定義されています。
しかし一方で、適応障害が環境による心理的反応という単純な構図と理解され、診断に確信が持てないような場合、ひとまず反応性の症状として診断されやすいために、最も診断されやすい疾患の1つとされています。

「適応障害」は、臨床症状にもとづいて以下の6つのサブタイプに分けられています。

  1. 抑うつ気分を伴うもの
  2. 不安を伴うもの
  3. 不安と抑うつ気分の混合を伴うもの
  4. 素行の障害を伴うもの
  5. 情動と素行の障害の混合を伴うもの
  6. 特定不能

 

適応障害の4つの不調和

適応障害は環境要因と患者特性の相互作用の不調和によって引き起こされると考えられています。国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)では、環境要因だけでなく「適応障害」を引き起こしやすい患者の特性にも言及されました。その特徴は「ストレッサーに対する自己没入、過剰な不安、繰り返される苦悩、障害に対する反すう」とされています。
つまり、あれこれと考えすぎて思い悩み、行動できなくなってしまった状態です。

  1. 周囲の環境(職場や学校、生活環境)に問題がある場合
     (頻回のライフイベント、劣悪な労働環境、イジメ、孤立、家庭内不和など)
  2. 本人に問題がある場合
     (仕事熱心、社会的スキル・コミュニケーション能力・問題解決能力の稚拙さ、低ストレス耐性、発達障害)
  3. 周囲の環境と本人の双方に問題がある場合
     (上記1と2の組合せ)
  4. 周囲の環境と本人の相性が悪い場合

 

適応障害の治療

m030901適応障害は、その人の特性と環境との相互作用が上手くいかないことによるものであり、それを病気として治療しようとすると、抗うつ薬や気分安定薬の服用により、有害事象が出やすかったり、心的回復力(レジリエンス)を阻害して病態が遷延してしまうことが知られています。

必要なのは病気を治そうとするのではなく、その人の特性と環境がうまく調和するように、スキル・トレーニングや物事の捉え方の修正など、セルフヘルプをサポートしていくことが必要です。

たとえば、「適応障害」や職場への不適応は、ストレッサーに対する有害な反応ではなく、新たな適応へと向かう出発点とも捉えられます。

適応不全の経験から学び(セルフモニタリング)、新たな達成に向けて、自らを変えたり(セルフヘルプ)、環境に働きかけて環境を変えたりできる能力(対処スキル・問題解決能力)を身につけることができる、変化のための貴重な機会ともみなすことができるのです。復職支援(リワーク)プログラムによるトレーニングも役に立ちます。

本人の努力をサポートすることに加え、こころの健康クリニック芝大門では産業医でもある院長が職場や職場の産業医と連携し、本人の「働き続ける」を支えていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME