メニュー

メンタル不調こころの治療

治療理念

wmn0103-001

一般的なメンタルクリニックや精神科・心療内科の外来では、5分診療、薬だけで話を聞いてもらえないという訴えをよく耳にします。訴えに応じて薬が増えてしまい、受診前よりも状態が悪くなることも頻繁にあるようです。

本来、心の病気に対する生物学的な治療である薬物療法は、骨折に対するギプスや松葉杖の役割であり、心の病気に対する心の使い方である治療である精神療法が中心になるはずです。しかし精神療法は実施できる期間や治療者が限られているため、実際の臨床では薬物療法偏重主義にならざるを得ない悪循環が指摘されています。

 

こころの健康クリニック芝大門では、院長がこれまでトレーニングを受けた対人関係療法を中心に、少量の薬物療法や漢方薬を併用し、メンタル産業医としての視点を活かしながら、心が本来持っている力を取り戻し、生きづらさ解消して働き続けられるための、患者さん一人ひとりに合ったオーダーメイドの治療を一緒に考えていきます。

 

診療内容

働く人のメンタルヘルス外来

気分障害:うつ病・うつ状態など

ストレス関連障害:適応障害、トラウマ関連障害など

不安障害

 

対人関係療法による治療・対人関係カウンセリング

神経性過食症(過食嘔吐)、過食性障害(むちゃ食い)、他の摂食障害

性格と間違われやすい慢性うつ病(気分変調症)

アタッチメント関連トラウマ

職場の人間関係の問題、夫婦・パートナー関係(カサンドラ症候群など)

※対人関係療法による治療をご希望の方は、メンタルヘルス一般外来ではなく【対人関係療法による治療】からお申し込みください。

 

産業医が指導する対人ストレスに特化したリワークプログラム

適応障害、うつ病・うつ状態、双極性障害など

 

メンタルヘルス一般外来受診の流れ

電話での治療申し込みと予約が必要です

メンタルヘルス一般外来は予約制です。初診の治療申し込みや、再診の予約は随時受けつけております。
電話にてご予約をお取りください。

※当日の受診予約が可能な場合もありますので、お電話で問い合わせください。

 

電話:03-6435-8046

 

wmn0155-001電話対応時間は、火曜〜金曜の10時〜13時30分、15時〜18時です。
(月曜日は産業医業務のため、外来診療はありません。)

面接中およびお昼休み(13時30分〜15時)は電話対応ができません。留守番電話になりますので、メッセージを残していただければこちらから折り返し連絡いたします。

お電話で状況や状態を簡単におたずねした後に、「診療申し込み票(問診票)」「発達/発育問診票」を郵送またはメール添付でお送りします。

メールでの問診票の送付を希望される方は、《こちらのメールフォーム》からお申込ください。

 

受付

予約時間までに外来にお越しください。

健康保険証紹介状(診療情報提供書)あるい検診結果などを受付にご提出ください。

 

心理検査

診察前に何種類かの心理検査用紙にご記入いただきます。

 

診察

こころの健康クリニック芝大門では、初診は60分の時間をお取りし、正確な診断に基づいてメンタル不調の問題を解決していく方向性について、患者さんと一緒に考えて行きます。

薬の薬理作用について丁寧に説明し、ターゲット症状をモニターしながら、対人関係の改善の仕方や、社会適応能力を向上させるのに必要な精神療法的な行動変容への取り組み方などを、対人関係療法の精神科専門医としての視点、メンタル産業医としての視点からアドバイスしていきます。

再診は4回目までは30分、その後は10〜15分の時間で予約をお取りしています。

※メンタルヘルス外来では「予約に基づく診療(選定療養費)」はありません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME