2月に観たテレビ番組を題材にしたいと思います。
その番組は-某芥川作家と話題性のある会社の社長を招いて対談する番組で、私は録画して観るほどのファンなのです。
その時は印象的なCMで有名なダイエットジムの社長でした。

会社の運営戦略として面白いキーワードがありました。
「三日坊主ビジネス」というものです。

「やろう」と思っていても実行できない、あるいは続かない…。
まさに「三日坊主」状態は誰にとってもあるある話です。
三日坊主は医療との関係も深くて、生活習慣病はもちろんこころの問題でも患者さんは「今までの習慣を変えてより良い生活習慣を身に着ける」課題に直面するのですが、これが難しいのです。
ですから「三日坊主ビジネス」という言葉を聞いたときには「上手い事を言うなあ」と感心しました。

 リワークでもよくお話しするのは、「習慣」というのは自動運動で無意識に行っているので、頭も心もほとんど使わない「省エネ」状態だという事です。
 食生活や睡眠など、こころの病気の治療では生活リズムを整えて身体作りをする事が基本です。リワークでは生活リズム習慣を記録につけてもらうのですが、皆さんいかに生活リズムが崩れているのかに気づいて驚かれます。
しかし生活リズムを見直して「新しい習慣」を行おうとしても、どんな「良い事」であろうとなかなか身に付きません。「新しい習慣」としうのはやり方を考えたりトライ&エラーを繰り返して自分にピッタリしたものを作っていかなければならないので、効率が悪く「燃費か悪い」状態です。いきなりハードルの高い事をすれば続けられずに「三日坊主」になるのは当たり前なのです。
 特にこころの病気は悲観的になりやすく、なかなか新しい事を始めるエネルギーが維持できません。
 そんな時に活かしたいのが「他人の力」です。上記のダイエットジムはマンツーマンのトレーナーが先導してくれるようですが、リワークでは同じ目的を持ったメンバー同士で支え合えるようなプログラムを用意しています。沢山の人がエネルギーを分けてくれます。スタッフも見守りとお手伝いをします。
 こころの病気は自分で自分を孤独に追い込む傾向があるので、他人とふれあい集団の中に居場所を取り戻す事が「三日坊主」克服のカギになります。
 仲間同士の支え合いこそがリワーク治療最大の価値だと私は考えています。

休職中の方で関心のある方は、一度ご連絡くださいね。
お待ちしております。

***************************************************
三田こころの健康クリニック新宿(精神科・心療内科)
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-1-2 白鳥ビル2階
TEL :03-4405-6947
Mail:info@ipt-clinic.com
HP: http://ipt-clinic.com/rework/
***************************************************