W杯を約2か月後に控えた時期ですが、監督解任のニュースが報道されました。
サッカーは詳しくないのですが、
監督という文字をニュースで見て、ふと、ある監督を思い出しました。

その監督の「人の頭で考えるな、自分の頭で考えよ。」という言葉が当時とても印象的だったのを思い出します。

とは言っても、詳しくないので本当の意味を理解できていない可能性が高いのですが…、
子ども心に「自分で考える」と言う言葉が響きました。

ということで、前置きが長くなりましたが、
今回は「考える」ということについてお話します。

私たちは過去に何か失敗すると、それを繰り返さないようにと、ふりかえり、対策を練ります。

多くの人が「あの時にAを選択して失敗したから、そうならないためにBにしよう。」と、考えると思うのです。
または、人から「Bを選択すべきだ!」と言われてそのまま受け取ったりします。

しかし、「Aの代わりにBを選択すれば大丈夫!」と、
まるで特効薬でも手に入れたかのように構えていると、場合によっては大変なことになります。
前提や状況が、少しでもイメージしたものとずれると、
用意していたもので本当に大丈夫なのかと、途端に不安になってしまうのではないでしょうか。

予め色々と場面を想定していても、本当にそのとおりに事が起こるとは限りません。
ですから、本当に必要なのは「決まった答え」ではなく「もしもの時に考える」ことなのではないでしょうか。

もちろん、「これにはB!」という引き出しを持つことも大事ですし、
それがあるだけでちょっと落ち着いて行動できたりします。

しかし、人は一瞬でも「決まった答え」が使えないとなると焦って本来のパワーを発揮できなくなります。
ですから、
「以前、Aを選択するとダメだった。今の状況を考えると何を選択するのがいいだろうか。Bなのか、それともCなのかDなのか。」
と、考えるクセをつけておくと一番妥当な選択ができたりします。

特効薬のような答えを手に入れようとついつい努力してしまいますが、
あくまでも、それは選択肢の1つに過ぎないという心構えを持った上で
妥当な結論に導くためのプロセスを大事にすることの方が、
もしもの時には役に立つのではないでしょうか?

当リワークでは、利用者の皆さんがご自身の課題を見つめ直し、それに対応するために様々なことにトライされています。

どのようにしてその山や谷を越えたらよいのかを考えるクセをつけていただくために、
その体験をこれから自分が困ったときのリソースにしていただくために、
プログラムを提供しています。

休職中の方で関心のある方は、一度ご連絡くださいね。
お待ちしております。

***************************************************
三田こころの健康クリニック新宿(精神科・心療内科)
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-1-2 白鳥ビル2階
TEL :03-4405-6947
Mail:info@ipt-clinic.com
HP: http://ipt-clinic.com/rework/
***************************************************