こんにちは。
先月に梅雨明け宣言があり、日中に平均気温が30度を超える日も珍しくないですね。
いよいよ夏本番です。
人間の限界を超える暑さなんじゃないかと思う日もありますが、
皆さん熱中症にならないように、どんな対策をされていますか?

暑い毎日を乗り切るには、しっかりとした睡眠も必要です。
しかし、こう毎晩暑いとなかなか快適に睡眠をとることも難しく、
ぐっすり眠れずに寝不足な方もいるのではないでしょうか?

蒸し暑い夜にはクーラーや扇風機を活用している方がほとんどかと思います。
個人差もあるので一概にこれが良いとは言えませんが、クーラーの設定温度は27、28度くらいが良いと言われています。
大体このくらいの温度を基準にして、各々で調整する方がいいみたいですね。

「じゃあ、部屋も涼しくなったし、2~3時間くらいで切れるように設定して寝よう!」という方が多いのかもしれませんが、実はエアコンはつけっぱなしの方が良いという話もあります。
寝始めは涼しくても、エアコンが切れると暑くなって途中で目が覚めてしまうことってありませんか?
これでは熟睡できませんよね。寝不足になってしまいます。
さらに、そこでもう一度エアコンをつけ直すと、暑くなった部屋をもう一度冷やすので電気代も上がってしまいます。
とはいえ、冷やしすぎると自律神経がおかしくなって体調を崩してしまいますので、適温を保つことが大切です。

また、扇風機派の方もたくさんいらっしゃるかと思います。
扇風機の風は柔らかく、とても心地よいですよね。
最近はそよ風モードがついている機種もあるそうです。
しかし、直接風を受けると体が冷え切ってしまいますので、壁の方を向けて跳ね返ってくる風を受けるくらいが良いそうです。
流行りのひんやりとした敷パッドも、扇風機などで少し冷やされている状態でポテンシャルを発揮するとのこと。

寝ている間の熱中症も怖いですが、やはり睡眠不足になると気分も晴れませんよね。
寝苦しい夜が続きますが、工夫を取り入れて安定した睡眠をとることで、日中のパフォーマンスを維持していきましょう。
加えて、食事もきちんと摂って、栄養補給も欠かさずに。

***************************************************
三田こころの健康クリニック新宿(精神科・心療内科)
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-1-2 白鳥ビル2階
TEL :03-4405-6947
Mail:info@ipt-clinic.com
HP: http://ipt-clinic.com/rework/
***************************************************