こんにちは。今月に入ってから日差しや風が暖かく感じることが多くなりました。街中でも河津桜や梅がところどころで咲き、春の訪れまであとわずかですね。

 さて、三田こころの健康クリニック新宿は3月より移転し、リワーク施設を開所しました。当院では、①うつ病や双極性障害などの気分障害で休職された方への【職場復帰(リワーク)支援】、②精神疾患を抱えながらも働く方への【就労継続(リテンション)支援】を提供し、皆様が生き生きと働き続けられるようサポートをしていきます。今回は【職場復帰支援(リワーク)】についてお話します。

 うつ病などの気分障害が発症すると「仕事に行けない」「不安で夜も眠れない」「ミスばかりする」「落ち込みが強く気力が出ない」といった症状があらわれます。心身両面からとても苦しく、毎日決まった時間に出社して仕事を全うすることが困難になります。治療はまず休養と薬物療法が基本です。休職制度があれば、医師の診断のもと会社を休み、治療に専念をして職場復帰を目指します。ただ、休養と内服治療のみで復職をされた場合は、再休職する割合は6割近いといわれ、復職のハードルが高いのが実際です。健康な人でも、夏休み明けや連休明けなどに出社するのは体が鈍っていたり、朝早く起きなければいけなかったり、仕事の責任があったり気が重くなるものです。精神疾患で調子を崩して数カ月休んだ後、再び仕事に戻るのであれば尚更です。飛行機が安定・安全に離陸するために長く滑走距離を取るように、職場復帰に向けてしっかりと時間をかけて準備をすすめていくことが大切です。例えば、毎朝出社できるように睡眠や食事などの生活リズムを整える、他者とのコミュニケーション方法を改善して対人ストレスを軽減する、報連相を学び一人で仕事を抱え込まないようにする、うつ症状につながりやすい否定的な考え方を見つめ直して修正する、などです。

 休職期間中に、復職に向けて心や身体、生活の改善を図り準備をすることが、再発のリスク軽減と、就労継続につながります。ぜひ当院で一緒に“復職”と“復職後の再発予防”、そして“働き続ける”ための準備を進めていきましょう。

 当クリニックの職場復帰(リワーク)支援では主に、
・社会リズム療法により生活リズムを再構築することによる『身体的機能の改善』
・認知行動療法を始めとした心理プログラムによる『心の変容』『行動の変化』
・社会の中で生き抜く力『自分の居場所作り』『ソーシャルスキル』『セルフケアマネジメント』
など、心と身体の改善を図るプログラムを準備、提供しております。

 当院やプログラムの見学・利用に伴う相談は、随時行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。復職を本気で目指されている方、休職したけれども復職日に向けて何を対策したらいいのかわからないといった方も、ぜひ相談してみてくださいね。スタッフ一同お待ちしております。