治療を希望されるご本人が申し込みください

過食症やむちゃ食い症の対人関係療法による治療は、治療を希望されるご本人からお申し込みいただくようお願いしています。(「治療のお申し込み」を参照ください)

 

対人関係療法は自分の心をふり返り、行動の仕方を変えていくことが主眼になります。そのため、変化の準備ができていないと無理強い感が強くなり、症状が悪くなることもあります。
(『家族システムと対人関係療法』を参照ください。)

また対人関係療法の治療効果は、変化の段階(熟考期か準備期か)によって差が出ることが示されています。(Walk SL, Devin MJ. 神経性過食症に対する精神療法への反応予測因子としての変化の段階. Int J Eat Disord. 2001 Jul; 30(1): 96-100)

つまり、周囲の人がよかれと思い治療申込みをしてしまうことで、逆に本人を回復から遠ざけてしまう場合があるため、かならず治療を受けられるご本人からの申し込みをお願いしているのです。

 

また治療を申し込まれる方は、『摂食障害から回復するための8つの秘訣』と『摂食障害の謎を解き明かす素敵な物語』をお読みになり、「準備期」の段階まで進んでおいていただくと初診後すぐに治療を開始できます。

 

過食症やむちゃ食い症から完全に回復したいと希望されている方からの治療申し込みをお待ちしています。