過食症・むちゃ食い症とは?

・いやな出来事やつらい出来事があったときにたくさん食べてしまう。
・食べ始めると止められなくなる。
・食べ方を恥ずかしいと思い、隠れて早食いしたりする。
・体重が増えるのが怖くて過食した後に吐いてしまう。
・することがないと一日中ダラダラと食べ続けてしまう。
・普段の食事のあとも吐いてしまう。
・いつも食べものの事で頭がいっぱいで、毎日の生活が食べることだけについやされてしまっている。

これらの症状があれば、過食症やむちゃ食い症かもしれません。

過食症・むちゃ食い症のきっかけは?

ダイエットは摂食障害のきっかけの1つにすぎません。
不安や悩みなど心の問題を抱えているときにダイエットを始めると、他の問題から目をそらすことになり、それが摂食障害のスタートになってしまいます。

つまり、心の問題を心の中に抱えて解決することができず、食べるという行動で解消しようとする病気が過食症やむちゃ食い症なのです。

過食症・むちゃ食い症の治療〜対人関係療法〜

過食症やむちゃ食い症に対する治療効果が認められている治療法に、認知行動療法と対人関係療法があります。
対人関係療法では、「自分との関係を改善する」「行動の仕方を変えていく」「他者との関係を改善する」の3つのテーマに取り組みながら、過食症やむちゃ食い症を治療していきます。
対人関係(協調性)という安心基地は自己志向を支え、健全な関係性(協調性)を維持するには自己志向を高めることの重要性を体感しながら、病気から回復していくのです。

対人関係療法で「自分との関係を改善する」

過食症やむちゃ食い症の対人関係療法による治療では、重要な他者とのコミュニケーションを通じて、境界線や関係性などを改善することで病気を治療していきますが、その土台になるのが「自分との関係」です。

何もすることがない時、退屈なときに過食が起きるのは、ストレス解消のための過食ではなく「心や魂の空虚感」を感じているというサインです。「過食がクセになった」と感じるときは、自分の心の中を見つめ、心や魂が何を必要としているのかを自分で気づいていく必要があります。
(摂食障害のとき心の中で何が起きているのかは、『摂食障害の謎を解き明かす素敵な物語』を参照してください。)

自分の心をふり返り、心の中で何が起きているのかがわかるようになってくると気分耐性(心のキャパシティ)も高まり、このことが「自己志向性」のうち「自己受容(深い自己肯定感)」となって、自分との関係が改善されていくのです。

対人関係療法で「行動の仕方を改善する」

過食症やむちゃ食い症の対人関係療法による治療では、心の問題を食べ物でなだめたり、なかったことにしたりなど、摂食障害行動を使うことなく向き合えるようになることを目指していきます。

自分の心をふりかえることを通じて、外的現実では何が起きたのか、それをどうとらえて、どんな気持ちになったのか、本当はどうなって欲しかったのか、と自分自身との対話が重要になります。

対人関係療法による治療を希望される方には、「自分との関係を改善する」「行動の仕方を変えていく」ために、『摂食障害から回復するための8つの秘訣』で自分の中の「健康な部分」と「摂食障害の部分」の闘いを終わらせることに取り組んでいいただいています。

対人関係療法で「他者との関係を改善する」

過食症やむちゃ食い症では、心の問題と身体の行動が区別されていないだけでなく、重要な他者(親やパートナー、交際相手)などとの関係も「誰の問題か」という境界線が曖昧になっていることが多いのです。
対人関係療法では自分の心をよく振り返ることを通じて、他者の言動の背景にある心理状態を理解できる「協調性」の土台になる対人関係スキルを高めていきます。

対人関係療法で「過食症やむちゃ食い症から回復する」

対人関係療法で「自分との関係を改善する」「行動の仕方を変えていく」「他者との関係を改善する」ことに取り組みながら、今後の人生が摂食障害のために損なわれることがない再発防止まで治療を進めていきます。

そして、摂食障害行動を使って日常のさまざまな問題に対処したり、問題を避けたりする必要がなくなり、過食症やむちゃ食い症から完全に回復することがゴールになります。