摂食障害から回復するための8つの秘訣

摂食障害から回復するための8つの秘訣』で目指していくところは、摂食障害からの完全な回復と再発防止です。

三田こころの健康クリニック新宿の【専門外来】では、『「8つの秘訣」を併用した「対人関係療法」』で摂食障害の治療を行っています。

「対人関係療法」と「8つの秘訣」を併用することで、【自分との関係を改善する(心の状態の変化についての気づき)】【行動の仕方を改善する(感情・考え・情動のコントロールについての気づき)】【他人との関係を改善する(自己概念あるいは関係の中における役割についての気づき)】に取り組み、自分自身と他者への信頼感のバランスを取り戻すことで、摂食障害から回復していきます。

対人関係という安心基地は自己志向を支え、健全な関係性(協調性)を維持するには自己志向が重要です。さらに【自分自身への信頼感(自己志向)】と【他者への信頼感(協調性)】のバランス(同調)と統合によって、「心理的安心(修正獲得された安定型愛着)」を高め、病気から回復していきます。(摂食障害の対人関係療法」も参照してください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

○摂食障害からの回復する10の段階

1.私には何も問題なんてない。
2.もしかしたら問題なのかもしれない。でも大したことない。
3.私には問題がある。でも気にしない。

4.変わりたいけど、どうしていいのかわからないし、怖い。
5.変わろうとしたけど、私にはできなかった。

6.やめられる行動もいくつかあるけど、すべてはどうしても無理。

7.摂食障害行動はやめられるけど、摂食障害思考が頭から離れない。しかし行動に移すことはない。

(1)頭の中でカロリー計算ばかりしている。
(2)食べ物のことを考えていることが多い。
(3)自分がすごく太ってしまったように思う。
(4)自分が一番太っていると思う。
(5)過食、拒食をしたい衝動にかられる。
(6)今でも体重を減らしたいと思っている。
(7)摂食障害行動が懐かしい、また戻りたいかも、とも思う。

8.摂食障害行動からも思考からも解放されているときが多いが、常にというわけではない。

(1)ストレスがたまると、思考や行動が戻ってくる。
(2)水着を着たのをきっかけに症状がもどってきた。
(3)ダイエット特集などが気になる。
(4)健康のために健康的な食事や運動をしたいと思う。

9.摂食障害行動や思考から解放されている。

(1)好きなものを食べてもあとから罪の意識や不安を感じない。
(2)気が付いてみると、食べ物に関連した思考や衝動もなくなっていた。

10.回復した!

(1)摂食障害に関連した思考や感情や行動がすっかりなくなった。
(2)今の体型が自然に思える。
(3)摂食障害が過去のものとなった。
(4)完全に回復した!と思える。

 

「回復した」としたら、摂食障害行動を使って、日常のほかの問題に対処したり、問題を避けたりする必要はなくなるのです。
つまり摂食障害行動以外に、起こり得る問題や自分の中のどうしようもない感情への対処方法がわかり、そんな過程を通して、やっとありのままの自分、ありのままの体型や外観を受け入れることができるようになっていきます。
ここまで治療でサポートできれば、再発の危険は減ると言われています。

 

─回復者としての個人的な体験と摂食障害治療専門家として学んだ効果的な方法─

000書は、実際に摂食障害に苦しみ、そこから回復し、心理療法家となったコスティンとグラブの2人により執筆された。
元患者で今は専門家になっている著者が、「治療者の椅子と患者さんの椅子」の両方からの景色を知っていて、はっきりと複眼的に貴重なメッセージを伝えている。勇敢にも自ら摂食障害に苦しんだ経歴を明らかにし、成功だけでなく失敗からも何を学んでいけるのかを、文字通り当事者の視点から伝えてくれる。
患者さんや家族にとって、また専門家にとっても、しっかりとした情報が含まれていて、回復するときにたどる道筋が論理的で実用的な構造として紹介されているので参考になる。