ほかの医療機関に通院歴のある患者さんの中で、「過食症(神経性大食症)」と「拒食症(神経性食欲不振症)」を誤診され、過食嘔吐をともなう拒食症なのに、過食症としての治療を受けてすごくつらい思いを経験された患者さんがいらっしゃいます。

 

摂食障害を診ることができる専門家が少ないということもありますが、同じ摂食障害でも過食症と拒食症では治療のやり方が大きく異なるのです。

ED.jpg

 

過食症も拒食症も、やせ願望は過食症よりも拒食症の方が強いのですが、肥満恐怖、体重や体型による自己評価の影響があるのは共通します。

an-bp.jpg

また、「一度食べ出すと途中で止められず」、ある一定時間内で「通常食べる量よりも明らかに多い食物を摂取する」ことを過食と呼びますが、拒食症と過食症はともに体重増加を防ぐための「排出行動」と呼ばれる自己誘発嘔吐、下剤や利尿剤の乱用による排出行動や、過食後の絶食(断食)や過剰な運動を伴うことがあります。

bn-p.jpg

 

つまり、過食や過食嘔吐があるから「過食症」なのではなく、体重が標準体重の80%(アメリカ精神医学会の基準では85%)あるかどうかによって、「拒食症」と「過食症」を区別するのです。

ED2.jpg
標準体重の80%(アメリカ精神医学会の基準(DSM-IV-TR)では85%)以下と無月経の診断を満たす場合は「過食/排出型の拒食症(AN-BP)」、過去に拒食症の診断を満たしていても現在は標準体重が80%以上(あるいは85%以上)であれば、「排出型の過食症(BN-P)」と診断します。

 

2013年に改訂される予定のDSM-5ドラフトでは、拒食症の診断基準が「正常体重の最低限、またはそれ以上を維持することの拒否」がなくなり「エネルギー摂取を制限したことによる著明な低体重」という表現に変わったこと、「無月経」が拒食症を診断する上での必須条件ではなくなりました。

また過食症についても排泄型と非排泄型を区別しなくなり、むちゃ食いを欠いたまま排泄行動を繰り返す「排出障害」や「夜間摂食症候群」が付録欄に掲載される可能性があります。

 

さて治療ですが、三田こころの健康クリニックでは対人関係療法を行いますので、「「摂食障害(拒食症・過食症)」について」を参考にしていただければ幸いです。

ED3.jpg
BMI: 15未満では精神療法が無効なこと、摂食障害の退院目標がBMI: 16〜17が多いことから、三田こころの健康クリニック新宿では、BMI:16以上を外来での通院精神療法に取り組める目安とし、「身体管理が終わった方」としています。