ブログ


壊れているなら、直さない

2017.12.08 12:13



今週前半の新宿御苑は、桜吹雪ならぬ、銀杏吹雪まっさかりでした。
昔、知り合いの人に葉っぱをたくさん拾って帰ってお風呂に浮かべて「銀杏風呂」にすると楽しいよと言われたことがありますが、まだやってません(>_<)

でも、今日掲載する写真は、桜です。「十月桜」。十月半ばくらいからポツポツ咲きだして、12月に入って満開になっています。
桜といえば春に一斉に咲いて、ば~っと散るイメージでしたが、こんな風に紅葉の葉を背景に、マイペースでゆっくり咲く桜もあるのですね。

「桜なんだから早く咲きなよ~!みんなと一緒でないとダメだよ~!」とか言われたくないですね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今日、紹介したい言葉は、「壊れているなら、直さない」。

ちょっと衝撃的?

これは、ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP)というのを教えているクリスティン・プライスという方の言葉です。

もともとはフリッツ・パールズという精神科医が治療として始めたゲシュタルト・セラピーに仏教的な思想を取り入れて、治療ではなくて”プラクティス”(実践)として取り組んでいくのがGAPです。

呼吸や体の感覚、思考、感情、周りの状況に気づき、「あるがままの自分」を感じて、十分に経験し、あるがままの自分として存在することができる能力を伸ばすことを目的としています。

あれっ?それってマインドフルネスのことじゃない?と思いますよね。

言葉は違っても、何かを追求していくと、大切なことはみな同じなんだなと思います。
いや、結局私の好みで探求していくといつも同じところにたどり着くのかな?

自分のダメなところを見て、それを直して完全な自分になろうとしても、人間はなかなか完璧にはなれません。
完璧になれない自分を批判・攻撃していると、良い・悪いの溝がどんどん深まって、白黒思考、ゼロか百かの2局分離のどの沼にハマってしまいますね。

いろんなところに書いてあると思いますが、やっぱり「あるがまま」を受け入れた時に、必要な変化は勝手に起こるんですよね~。

お問合せ先
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
◇新宿御苑前カウンセリング・センター
〒160-0022東京都
新宿区新宿2丁目1-2 白鳥ビル4階(受付2階)
三田こころの健康クリニック新宿内
TEL : 03-4405-6948
Mail: counselingroom@reengagement.org
http://ipt-clinic.com/counseling/
~無料相談の「心の窓口」 メンタルクリニックと連携~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL

http://ipt-clinic.com/counseling/blog/1409/trackback/



« :前の記事 次の記事: »
ホーム プライバシーポリシー お問い合わせ カウンセラー募集 スタッフブログ
新宿御苑前カウンセリングセンター TEL:03-4405-6948 新宿御苑前カウンセリングセンター TEL:03-4405-6948
〒160-0022 
東京都新宿区新宿2丁目1-2 白鳥ビル4階

営業時間:月、火、金、土 10:00〜19:00、水、木 10:00~18:00 
休業日:日
リエンゲージメント 三田こころの健康クリニック 溝口クリニック 日本NLP学院

うつ病など精神疾患(精神障害)になっても、仕事を続けるためのカウンセリングルーム「ワーキングケアカウンセリング」
Copyright (c) 新宿御苑前カウンセリングセンター all rights reserved.