ブログ


寒暖差アレルギー

2016.12.07 09:20

こんにちは。

12月に入りました。
朝晩の冷え込みが厳しくなりましたね。

冬は風邪やインフルエンザが流行りやすい季節ですが、風邪でなくても、寒い時に鼻水やくしゃみ、咳が出て、
風邪薬を飲んでもなかなか治らないといった症状が出ることがあるそうです。
そういった場合は、「寒暖差アレルギー」を疑ってみると良いそうです。

「寒暖差アレルギー」の正式名称は、「血管運動性鼻炎」と言います。
花粉症などの一般的なアレルギーはアレルゲンに反応して起こりますが、「寒暖差アレルギー」はアレルゲンは全く関係なく、自律神経が乱れることで起こります。
このためアレルギーと気づくのは難しいかもしれません。

主な症状としては、以下のようなものがあるそうです。
・鼻水、鼻づまり
・くしゃみ
・蕁麻疹(寒冷じんましん)
・イライラ
・食欲減退、胃腸の不振

自律神経は、血管運動神経をコントロールし、血管を寒いときは収縮、暑いときは拡張させます。
ところが、寒暖差が激しいと、コントロールが追い付かなくなり、誤作動を起こしやすくなってしまいます。
この誤作動の症状のひとつが「寒暖差アレルギー」です。

「寒暖差アレルギー」は自律神経の乱れにより起きますので、一番の対策は生活リズムを整える事です。

急激な寒暖差の影響を受けないように体を温め、冷えを防ぐことも有効です。
マスクやマフラーを着用し、冷たい空気に触れないようにするといいですね。

また、寒暖差アレルギーは、筋肉量の少ない人に多いそうです。運動をして基礎代謝を上げるのも有効ですね。
運動と合わせて、生姜など体を温める食材、免疫力を高める食材を積極的に摂るのも良いかと思います。

このように生活リズムや運動、食事に気をつけることは、季節性うつ病を防ぐことにもつながりますので、年間を通して気をつけたいですね。
なにかと忙しい年末ですが、体調管理に気を付けて過ごしましょう^^


お問合せ先
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
◇カウンセリングルーム Reengagement
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-24 ヒカリビル3階
TEL : 03-6869-8508
Mail: counselingroom@reengagement.org
http://ipt-clinic.com/counseling/
~うつ病など精神障害者(精神疾患)の雇用促進、雇用継続を~

一般社団法人リエンゲージメント(就労移行支援事業)
◇リエンゲージメント新宿
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-2 岩本和裁ビル4階
TEL : 03-5315-4940
◇リエンゲージメント横浜
〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-35-1 第2米林ビル8階
TEL : 045-594-8799
Mail: info@reengagement.org
http://reengagement.org/
~うつ病(精神疾患)克服! 復職・再就職支援 無料で提供~
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


この記事のトラックバックURL

http://ipt-clinic.com/counseling/blog/1200/trackback/



« :前の記事 次の記事: »
ホーム プライバシーポリシー お問い合わせ カウンセラー募集 スタッフブログ
カウンセリングルーム Reengagement TEL:03-6869-8508 カウンセリングルーム Reengagement TEL:03-6869-8508
〒160-0022 
東京都新宿区新宿2丁目1-2 白鳥ビル2階
三田こころの健康クリニック新宿 内 
営業時間:月~金は10:00〜18:00(木のみ10:00~20:00)
休業日:土・日
リエンゲージメント 三田こころの健康クリニック 溝口クリニック ピュアハート・ワークス

うつ病など精神疾患(精神障害)になっても、仕事を続けるためのカウンセリングルーム「ワーキングケアカウンセリング」
Copyright (c) Counselingroom Reengagement all rights reserved.